Focus on Rheumatology

海外文献より関節リウマチ(RA)、全⾝性エリテマトーデス(SLE)に関する最新のエビデンスをご紹介します。
閲覧希望のある方に限定するため、閲覧にはメールアドレスの⼊⼒と閲覧希望の同意が必要となります。

ご挨拶

橋本先生

 このたび、関節リウマチと全身性エリテマトーデスに関する最新情報を厳選してお届けするウェブサイトを開設いたしました。これらはリウマチ膠原病を代表する疾患であり、この2つの疾患病態に精通することは、他のあらゆる膠原病への理解を深めることにつながります。さらに、この2つの疾患は、近年の新薬の開発に伴い様々な臨床研究が行われると同時に、基礎免疫学の分野でも続々と新たな知見が見出されている分野でもあります。

 このたび、関節リウマチと全身性エリテマトーデスに関する最新情報を厳選してお届けするウェブサイトを開設いたしました。これらはリウマチ膠原病を代表する疾患であり、この2つの疾患病態に精通することは、他のあらゆる膠原病への理解を深めることにつながります。さらに、この2つの疾患は、近年の新薬の開発に伴い様々な臨床研究が行われると同時に、基礎免疫学の分野でも続々と新たな知見が見出されている分野でもあります。

 本ウェブサイトでは、関節リウマチと全身性エリテマトーデスに関連する最先端の研究成果に焦点を当て、最新論文の中から興味深い2報をピックアップし、論文の重要なポイントをわかりやすく紹介してまいります(サマリーが許可されないジャーナルの論文はAbstractの掲載となります)。皆様にとっての情報源となり、最新の研究動向に迅速かつ手軽にアクセスできる場となることを願っております。ご愛読いただければ幸いです。

大阪公立大学大学院医学研究科 膠原病内科学
教授 橋本 求 先生
池田先生

 関節リウマチ(RA)は自己免疫疾患のひとつであり、関節の滑膜などの炎症により腫れや痛みが生じ、進行すると関節の破壊・変形から機能障害に至ります。日本での患者は796,000人(出典:厚生労働省令和2年患者調査 傷病分類編)と、全身性自己免疫疾患の中では最も多い疾患です。全身性エリテマトーデス(SLE)もまた自己免疫疾患ですが、若年女性に好発します。SLEの特定疾患医療費受給者証所持者数は64,304人(出典:厚生労働省衛生行政報告例[令和3年度末現在])と、有病率はRAよりも低いですが、その多彩な病態と免疫異常より、SLEは最も代表的な全身性自己免疫性疾患といえます。

 関節リウマチ(RA)は自己免疫疾患のひとつであり、関節の滑膜などの炎症により腫れや痛みが生じ、進行すると関節の破壊・変形から機能障害に至ります。日本での患者は796,000人(出典:厚生労働省令和2年患者調査 傷病分類編)と、全身性自己免疫疾患の中では最も多い疾患です。全身性エリテマトーデス(SLE)もまた自己免疫疾患ですが、若年女性に好発します。SLEの特定疾患医療費受給者証所持者数は64,304人(出典:厚生労働省衛生行政報告例[令和3年度末現在])と、有病率はRAよりも低いですが、その多彩な病態と免疫異常より、SLEは最も代表的な全身性自己免疫性疾患といえます。

 両疾患ともに、現時点では発症機序は完全には解明されていないものの、近年、診断法や治療法の進歩などにより、徐々に予後は改善しつつあります。本ウェブサイトでは、RAおよびSLEに関する国内外の最新論文の中から、毎回2報を厳選し、日本語サマリー(サマリーが許可されないジャーナルの論文はAbstractを掲載)を配信します。RAおよびSLE診療に携わる日本の医療従事者にとって有益かつ興味深いと思われる情報を簡潔にまとめており、ご多忙な医療関係者の情報収集の一助となれば幸甚です。

獨協医科大学 リウマチ・膠原病内科
主任教授 池田 啓 先生

関節リウマチ(RA)

関節リウマチの発症前および発症時における肺での疾患特異的自己免疫反応

Rheumatoid Arthritis-Specific Autoimmunity in the Lung Before and at the Onset of Disease

Abstract of article by Joshua V*, et al. Arthritis Rheumatol. 2023 November; 75(11): 1910-1922.

*Division of Rheumatology, Department of Medicine Solna, Karolinska Institutet, Karolinska University Hospital, Stockholm, Sweden

日本人関節リウマチ患者における細胞型デコンボリューション法による滑膜組織の多様性の解明

Synovial Tissue Heterogeneity in Japanese Patients with Rheumatoid Arthritis Elucidated Using a Cell-Type Deconvolution Approach

Abstract of article by Nakajima S*, et al. Arthritis Rheum 2023 Jun 30; art.42642. doi: 10.1002/art.42642.[Online ahead of print].

*Department of Allergy and Rheumatology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Tokyo, Japan

全⾝性エリテマトーデス(SLE)

SMART-SLE:全身性エリテマトーデスにおける血清抗体のモニタリングおよび反復測定 ― 抗二本鎖DNA抗体のモニタリングに関する解析

SMART-SLE: serology monitoring and repeat testing in systemic lupus erythematosus—an analysis of anti-double-stranded DNA monitoring

Summary based on article by Yeo AL*, et. al. Rheumatology 2023 May 19; kead231. [Online ahead of print]

*School of Clinical Sciences at Monash Health, Faculty of Medicine, Nursing & Health Sciences, Monash University, Clayton, Victoria, Australia

全身性エリテマトーデスにおける筋骨格系障害:107例の造影磁気共鳴イメージング研究

Musculoskeletal involvement in systemic lupus erythematosus: a contrast-enhanced magnetic resonance imaging study in 107 subjects

Summary based on article by Corzo Garcia P*, et. al. Rheumatology 2023 May 19; kead223. [Online ahead of print]

*Division of Rheumatology, Department of Medicine Solna, Karolinska Institutet, Karolinska University Hospital, Stockholm, Sweden

【編集方針】

ここに掲載する論文は、膠原病、免疫領域の厳正な査読を受けた原著論文から、シュプリンガーネイチャー・ジャパン株式会社が候補論文を公平に選定し、編集委員に選択頂いたものです。
要約に当たっては、原著の真意を反映し作成しています。
また掲載論文には、自社製品に関する情報は入れない基準を設けております。

記載された薬剤の使用にあたっては電子添文をご参照ください。

本コンテンツは医療関係者の方からの求めに応じて閲覧できるものであり、積極的に提供するものではございません。

閲覧履歴
お問い合わせ(本社)

くすり相談窓口

受付時間:9:00〜17:45
(土日祝、休業日を除く)

当社は、日本製薬工業協会が提唱する
くすり相談窓口の役割・使命 に則り、
くすりの適正使用情報をご提供しています。