凝固系カスケードについて

リコモジュリンの作用機序はトロンビンの生成阻害

既存のDIC治療薬はトロンビンやその上流の血液凝固因子を阻害します。一方リコモジュリンは、トロンビンと結合してプロテインCの活性化を促進します。この活性化プロテインC(APC)を介し凝固促進因子であるVaやVⅢaを分解、不活化してトロンビンの生成を抑制するという新しい作用メカニズムで効果を発揮します。

関連の新着セミナー・講演会

世界敗血症デー Asahi Kasei オンラインライブセミナー

18:30-19:00,19:30-20:00
慶應義塾大学医学部 総合診療教育センター センター長・准教授 藤島 清太郎 先生
9月
21
火曜日
18:30-19:00,19:30-20:00

第83回日本血液学会学術集会

14:00-14:30
国立がん研究センター 東病院・総合内科 医長 中央病院・造血幹細胞移植科(併任) 冲中 敬二 先生
9月
23
木曜日
14:00-14:30
閲覧履歴
お問い合わせ(本社)

くすり相談窓口

受付時間:9:00〜17:45
(土日祝、休業日を除く)

当社は、日本製薬工業協会が提唱する
くすり相談窓口の役割・使命 に則り、
くすりの適正使用情報をご提供しています。