凝固系カスケードについて

リコモジュリンの作用機序はトロンビンの生成阻害

既存のDIC治療薬はトロンビンやその上流の血液凝固因子を阻害します。一方リコモジュリンは、トロンビンと結合してプロテインCの活性化を促進します。この活性化プロテインC(APC)を介し凝固促進因子であるVaやVⅢaを分解、不活化してトロンビンの生成を抑制するという新しい作用メカニズムで効果を発揮します。

関連の新着セミナー・講演会

DIGITAL探訪

18:00 - 18:50
日立総合病院 救命救急センター センター長 中村 謙介 先生
12月
06
月曜日
18:00 - 18:50

「目で見る、血管内皮傷害」と「考える、その対処法」

18:30-19:00,19:30-20:00
熊本大学大学院生命科学研究部 生体情報解析学講座 教授 伊藤 隆史 先生
12月
09
木曜日
18:30-19:00,19:30-20:00
閲覧履歴
お問い合わせ(本社)

くすり相談窓口

受付時間:9:00〜17:45
(土日祝、休業日を除く)

当社は、日本製薬工業協会が提唱する
くすり相談窓口の役割・使命 に則り、
くすりの適正使用情報をご提供しています。